北海道議会議員 吉田正人 公式ホームページ
[ 2016年8月5日 ]更新
来年度予算確保に向け、道ブロック両院議員会で要請

自民党道連は8月5日、党本部で開かれた北海道ブロック両院議員会で、高橋はるみ北海道知事をはじめとする道幹部とともに、平成29年度の国の施策および予算について要望しました。
道連からは吉田正人幹事長、小松茂政調会長のほか、道議会の佐々木俊雄建設常任委員長、田中芳憲総務常任委員長、三好雅人口減少問題・地方分権改革等調査特別副委員長が出席しました。
伊達忠一道連会長のあいさつの後、高橋知事から、一次産業や観光の振興、航空ネットワークや道路、新幹線など社会資本整備の促進、少子高齢対策など、多岐にわたる要望が出されました。
続いて吉田幹事長、小松政調会長からは、JR北海道の経営問題をはじめとする交通体系の整備や、地域のニーズに即した自由度の高い交付金の確保などについて強く要望しました。
出席した道内選出の自民党国会議員からは、これまでの取り組み状況と今後の決意が示され、来年度国費予算の確保に向け、全力で取り組んでいくことを確認しました。


[ 2015年6月14日 ]更新
第76回自民党道連大会を盛大に開催

 自民党道連は6月14日、第76回定期大会を札幌グランドホテルで開き、来夏に予定される参議院議員選挙や、次期衆議院北海道5区補選に向けた必勝態勢の構築などを盛り込んだ今年度の活動方針を承認しました。
 前日の予備会議に続いて行われた今大会には、代議員をはじめ、来賓、国会議員、道議会議員など、約600人が出席しました。開会に先立ち、6月に急逝した町村信孝前衆議院議長への黙とうを捧げました。
 冒頭、今大会で退任する伊東良孝道連会長が「3期6年の任期を全うすることができて、ほっとしている。今年で立党60年を迎え、世界の中の日本を支えていくという気概を持って皆さんと頑張っていきたい」とあいさつしました。
 続いて、党本部から来賓として出席した茂木敏充選挙対策委員長が「昨年の衆院選では、自民党として初めて2回連続で290議席を超え、ようやく安定した政権を確立することができた。
地方創生をはじめとする政策をしっかり実行し、この勢いを来年の参院選につなげていく」と述べました。
 来賓の稲津久公明党本部代表、高橋はるみ知事、大内全北海道経済連合会会長による祝辞、優秀党員・組織の表彰、党情報告に続き、参院選や衆院5区補選に向けた体制強化などを盛り込んだ、平成27年度活動方針を原案通り承認しました。
 役員選考では、新会長に伊達忠一参議院自民党幹事長、新幹事長に私、吉田正人とする人事案が承認されました。
大会後の記者会見では、伊達新会長は「地方の声を吸い上げ、皆さまの期待にしっかり応えたい」と力強く抱負を述べました。
私も皆さまの期待に応え、伊達新会長と共に頑張ってまいります

[ 2014年12月5日 ]更新
安倍総裁が旭川、滝川、札幌で遊説

安倍晋三総裁が12月5日来道し、旭川、滝川、札幌の3市で遊説しました。解散後、道内入りするのは2回目。行く先々で多くの聴衆から熱烈な歓迎を受け、選挙戦序盤にもかかわらず、各陣営のボルテージは早くもヒートアップしています。

[ 2014年10月28日 ]更新
自民党北海道第12選挙区支部セミナーを開催

自民党北海道第12選挙区支部宗谷管内ブロック協議会主催の自民党政経セミナーが10月19日午後、稚内市内のホテルで開かれ、約350人の支持者が参加しました。特別講師の西川公也農林水産大臣が、「日本農業の行方」と題して講演、「輸出の拡大など攻めの農業水産業を展開し、北海道ブランドで世界の食料を席巻してほしい」と述べた。また、講師の武部新衆議院議員(第12選挙区支部長)が「地方は第1次産業が基盤。地域を守っている農家に頑張っていただくため、全面的に支援していく」と語りました。 これに先立ち、私と三好道議も登壇し、「宗谷にはいろいろな可能性がある。それを着実に次世代に引き継ぐという使命感を持って取り組みたい」と強調しました。

[ 2014年9月27日 ]更新
政調会・エネ調が泊原発の安全対策を視察

自民党道連政調会とエネルギー政策調査会は9月25日、泊原子力発電所の現地視察を実施し、再稼働に向け、北電が進めている安全対策の進捗状況を調査しました。
 参加した道議13人は、停止中の3号機内で中央制御室、使用済み燃料ピット、水素処理装置、原子炉格納容器内のスプレイ配管工事を視察した後、屋外にある貯水設備、非常用発電機、防潮堤、防潮壁などの安全対策関連施設の整備状況を確認しました。

[ 2014年9月8日 ]更新
自民党道連「HOKKAIDO政治塾」を開催

8月30日(土)、自民党道連「HOKKAIDO政治塾」を開催しました。
1講目は、青年局主催の政策プレゼンコンテスト北海道大会を見学しました。今期政治塾生から9名が参加し、最優秀賞は5期生の宮腰真理さん、優秀賞は5期生の花田千宏さんと3期修了生の村山拓司さんが受賞しました。
2講目は、衆議院議員の義家弘介先生が「北海道、そして日本再興に必要なこと」をテーマに講義を行いました。自身の選挙区(神奈川16区)の現状や、道州制、集団的自衛権、憲法改正、アイヌ問題、領土問題、教育問題など幅広い話題に触れ、「日本は戦後、本来議論しなければならないことから目をそらしてきてしまった。日本が本当の意味で独立、自立するために、伝統文化の精神を受け継ぎ、背負った上で、次の時代をわれわれの手でつくっていくしかない。だから教育政策に力を入れている」と述べました。

[ 2014年7月7日 ]更新
道連に「アイヌ政策推進調査会」が発足

 自民党道連は6月24日、「アイヌ政策推進調査会」を発足させ、神戸典臣道議を会長とする役員15人を選任し、引き続き第1回目の役員会を開催しました。
 同調査会は、これまでの「北方領土・アイヌ対策調査会」を発展的に解消し、新たに設置したものです。役員会には役員のほか、山谷副知事をはじめとする道幹部も出席し、これまでの道のアイヌ政策の推進状況について説明を受けた後、意見交換を行いました。

[ 2014年5月27日 ]更新
道連青年局が定期大会

自民党道連青年局は5月24日、札幌プリンスホテル国際館パミールで平成26年度定期大会と設立30周年記念交流会を開催しました。

[ 2014年5月22日 ]更新
5月の自民党道連「HOKKAIDO政治塾」を実施

5月17日(土)、第5期5月の自民党道連「HOKKAIDO政治塾」を開催しました。
 第1講座は、道議会自民党・道民会議政策審議委員長の中司哲雄北海道議会議員(根室振興局)が講師を務め、道議会政審のメンバー構成や活動内容、当面する道政の重要課題等についてお話しました。
 第2講座は、元高校教諭で、文部科学政務官を務めた経験もある馳浩衆議院議員が「安倍政権における教育改革」をテーマに講義を行いました。文部科学省の資料を用いながら、60年ぶりに改正された新しい教育基本法の理念を解説した上で、現在、安倍内閣が取り組んでいる抜本的改革により「我が国の伝統と文化を基盤として国際社会を生きる日本人」を育成するという今後の教育のあり方について熱弁をふるいました。

[ 2014年5月22日 ]更新
道連女性部研修会を開催

自民党道連女性部は5月15日、道内各支部から45人が参加し、室蘭市内を視察する研修会を行いました。
 最初に白鳥大橋で徐行するバス内より、室蘭支部女性部の丁寧な説明で室蘭港などを見学後、エンルムマリーナ室蘭で昼食懇談会を開催しました。
 その後、地球岬を経由し、日本製鋼所で大正天皇御宿泊所として建築された瑞泉閣、大正7年以来作刀している鍛刀所などを見学。続いて新日鉄住金では、ヘルメットと軍手を着用し、工場内で稼働中の高炉などを見学しました。

[ 2014年5月15日 ]更新
道連女性部定期大会で統一地方選に向け結束を確認

自民党道連女性部の第58回定期大会が5月14日、札幌市中央区のホテルニューオータニ札幌で開かれ、全道から約200人の代議員が出席しました。
 国歌・党歌斉唱に続き、大崎誠子女性部長(札幌市東区選出道議)が「来年の統一地方選挙は日本を取り戻すための最終章と位置づけられており、何としても勝利しないといけない。選挙まで1年を切ったが、しっかり基礎を固め、運動を活発化していきたい」と結束を呼びかけました。道連の柿木克弘幹事長、角谷隆司組織委員長のあいさつに続き、次期札幌市長選挙推薦候補予定者の本間奈々氏も登壇し、来年に向けた決意を力強く語りました。

[ 2014年4月25日 ]更新
自民党道連「HOKKAIDO政治塾」が東京研修を開催

自民党道連「HOKKAIDO政治塾」は4月21、22の両日、東京研修を行いました。参加したのは、第5期塾生20人で、自民党本部や議員会館、防衛省、国会議事堂を訪れました。

[ 2014年4月8日 ]更新
第74回道連大会

自民党道連は4月5日、第74回定期大会を札幌グランドホテルで開き、来年4月に予定される統一地方選挙に向けた必勝態勢の構築を図ることなどを盛り込んだ今年度の活動方針を決めました。
 大会には代議員をはじめ、来賓、国会議員、道議会議員など、約900人が出席。冒頭、伊東良孝道連会長が「一昨年の衆院選、昨年の参院選に勝利してねじれを解消したが、統一地方選挙に勝利し、政権奪還を完成させることが最大の目標。自民党が過半数を確保すれば、国と地方が一体となって発展をめざすことができる」とあいさつしました。

[ 2014年4月4日 ]更新
北海道新幹線建設工事の状況と工期短縮についての説明会を開催

自民党道連「新幹線建設促進等調査会」(川尻秀之会長)は3月20日、北海道新幹線の建設工事の進捗状況と工期短縮に向けた提案についての説明会を開催しました。

[ 2014年3月12日 ]更新
3月の自民党道連「HOKKAIDO政治塾」を実施

自民党道連「HOKKAIDO政治塾」第5期の講座が、3月8日行われました。
 第4回目の講義では、作家・経済評論家の渡邉哲也氏が「日本と世界経済のこれから」をテーマに講演を行いました。渡邉氏はウクライナ情勢を取り上げ、問題の背景や世界の政治と経済について解説し、世界の中の日本について講義が行われました。
 引き続き2講目では、政治塾運営委員長の小野寺秀北海道議会議員が「今後の政治塾について」をテーマに塾生との意見交換を行いました。塾生からはさまざまな意見が出され、熱のこもった議論が行われました。また、小野寺委員長から過去に議会質問してきた政策課題についてのお話をいただきました。

[ 2014年3月6日 ]更新
子どもたちの学力・体力の現状について研修会を開催

自民党道連の学力向上・北教組対策調査会(伊藤条一会長)は5日、全体研修会を開催し、本道の子どもたちの学力・体力の現状と課題について、道教育庁からの説明聴取と意見交換を行いました。

[ 2014年2月20日 ]更新
平成26年度農推協定期総会・研修会を開催

自民党北海道農政推進協議会(乾邦弘会長)の平成26年度定期総会・研修会が2月19日、ホテルニューオータニイン札幌で開かれました。
 総会には全道から会員約70人が出席。冒頭、乾会長は「道の新年度予算では農業関連分野が増額され、心強く思っている。来年の統一地方選に自民党がしっかり勝利するよう、農推協としても地方組織拡大の一翼を担いたい」とあいさつしました。続いて、来賓の大谷亨党道連政調会長が「TPP問題については、高橋知事を先頭に北海道が一丸となって頑張っていきたい」と話しました。

[ 2013年12月17日 ]更新
30回目を迎えた自民党総裁杯北海道将棋選手権大会

平成25年度自民党総裁杯北海道将棋選手権大会が12月8日、北海道将棋会館で開かれ、全道各支部の予選を勝ち抜いた代表が熱戦を繰り広げました。
白熱した盤上の戦いの結果、A級(2段以上)では横山大樹さん(6段・札幌)が優勝、湯上真司さん(5段・札幌)が2位、金内辰明さん(稚内)と笠井将生さん(函館)が3位にそれぞれ入賞しました。
 B級(初段以下)は田村瑛斗さん(札幌・初段)が優勝し、2位には本田涼太さん(十勝・初段)、3位には村上大輔さん(札幌)と狩野周さん(苫小牧)が入賞しました。

[ 2013年12月7日 ]更新
自民党道連「HOKKAIDO政治塾」第5期が開講

自民党道連「HOKKAIDO政治塾」の第5期講座が、12月7日から始まり、道連のあるニュー札幌ビルで開講式が行われ、意欲に燃える塾生が熱心に記念講演を聴きました。
 この政治塾は若手・中堅の政治リーダーを育成するもので、全道・全国各地から志を持った塾生32人が参加。職種も会社員、地方議員、会社役員、主婦、学生など多岐にわたっています。

[ 2013年11月21日 ]更新
札幌で道・東北ブロック青年局長・部長会議

自民党北海道・東北ブロックの青年局長・青年部長会議が11月19日、札幌パークホテルで開かれ、平成26年度の活動として東日本大震災の被災地復興を後押しする「TEAM−11(チーム・イレブン)」の継続、インターネットを利用した広報活動の強化などを申し合わせました。

[ 2013年10月29日 ]更新
道連政経セミナーを開催

自民党道連政経セミナーが10月26日、札幌パークホテルで開かれ、本道選出衆参国会議員、経済界、各種団体、党員・党友、一般道民ら1000人を超える参加者で会場が熱気につつまれました。
 セミナーでは、まず伊東良孝道連会長が「参議選で勝利させていただき、ねじれが解消し、前に進むことができる、決めることができる政治になった。北海道はTPPやエネルギー問題、さらにJR北海道の不祥事など問題は山積しているが、誤りなく進んでいかなければいけない」と述べました。

[ 2013年10月21日 ]更新
自民党道連が『HOKKAIDO政治塾』
自民党道連が『HOKKAIDO政治塾』の5期生を募集します。政治に興味のある方、是非応募してみてはいかがでしょうか。お待ちしています。

詳しくは自民党道連のホームページで!

[ 2013年10月15日 ]更新
「平成25年度団体政策懇談会」を開催

自民党道連が例年開催している「団体政策懇談会」が、10月7日から11日まで5日間の日程で開催され、各種団体の懸案事項や提言を来年度の施策や予算に反映させるため、団体代表者と道連役員とで熱心な意見交換が行われました。




[ 2013年10月1日 ]更新
JR北海道に安全対策の徹底を申し入れ

自民党道連(会長:伊東良孝衆議員)と自民党議員会(会長:布川義治道議)は9月30日(月)、「JR北海道における安全対策の徹底等に関する申し入れ」を行いました。
 この日は党道連から会長の伊東良孝衆議院議員を始め、柿木克弘幹事長、大谷亨政調会長、議員会からは東国幹幹事長、冨原亮副会長ら5人がJR北海道本社を訪れました。
 一昨年の石勝線トンネル内列車脱線・火災事故以来、後を絶たないJR北海道の事故・不祥事そしてJR北海道のレール幅の異常放置などの問題に対し野島誠社長や役員に対し、安全対策の徹底を求める申し入れを行いました。

[ 2013年7月14日 ]更新
「日本を取り戻す街頭演説会」が行われました。

安倍自民党総裁、だて忠一候補、本道選出衆議院議員が札幌・大通西3丁目で3500人の聴衆に支持を訴えました。

[ 2013年6月27日 ]更新
「北海道自民党政策集2013」を公表

党道連は6月26日、7月の参議院選に向け、「日本を、取り戻す。北海道自民党政策集2013」とタイトルされた政策集をまとめ、公表しました。

[ 2013年6月25日 ]更新
「だて忠一総決起大会」を開催

目前に迫った参院選に、北海道選挙区から3選を目指して出馬する伊達忠一参議の「だて忠一総決起大会」が6月23日、ロイトン札幌で開かれ、支持者らが必勝を誓いました。
 総決起大会には、国会議員、道議会議員、市町村議会議員、市町村首長、各種団体関係者や支持者ら2200人余が参集し、熱気に包まれました。

[ 2013年6月25日 ]更新
地方議員連が24回定期総会を開催

北海道地方議員連絡協議会の第24回定期総会・研修会が6月23日、ロイトン札幌で開催され、今夏の参院選の完勝などの活動方針を決めました。
 定期大会には全道で活動する約110人の地方議員が出席。会長の竹内英順道議のあいさつの後、議事に入り、平成24年度の経過報告を承認、25年度の活動方針を決めました。この中で参院選については、「伊達忠一参議と橋本聖子参議をはじめとする比例候補予定者の完勝を期すため、万全の体制を構築する」とし、組織を挙げて総力を結集することを決めました。

[ 2013年6月5日 ]更新
橋本聖子参議が選挙事務所開き

夏の参院選で4期目を目指して比例区から出馬し、道連の重点候補になっている橋本聖子参議の選挙事務所開きが6月1日、札幌市中央区北1西5の札幌興銀ビルで開かれました。

[ 2013年5月31日 ]更新
自民党道連と議員会が高橋知事に申し入れ

自民党道連と道議会自民党・道民会議は5月30日、「国の経済対策に呼応した道の取り組みに関する申し入れ」を行いました。
 国の平成25年度予算が同15日に成立し、いわゆるアベノミクスによるわが国の再生、発展に向けた取り組みが本格化します。この一方で、電力料金の値上げや円安による原材料価格の上昇などが想定されており、本道経済の先行きは必ずしも楽観できる情勢ではありません。

稚内市港1丁目4番2号(自由会館1F)
TEL(0162)24-4351 FAX(0162)24-0779

ケータイサイトはこちら
Masato Yoshida All Reserved
北海道議会議員 稚内選出のよしだ正人のHPへようこそ!